茶事紐

ホーム紐屋のしごと > 茶事紐 ]

茶事紐

〈仕覆の締緒 -しふくのしめお- 〉

「仕覆」とは茶入や茶碗、香盒などを包むための袋物のことです。
一点一点大切なお道具、それぞれの大きさ、形に合わせて作られるものです。そこには必ず袋の口元を締めるために紐が必要となります。それが仕覆の締緒です。
商品詳細情報

〈撚糸 -よりいと-・かがり糸〉

仕覆に締緒を通す部分を作るための撚糸です。この作業を「かがる」「かがりつける」などと言うことから「かがり糸」とも呼んでいます。
仕覆の締緒には予めそれぞれに見合った長さをお付けしておりますが、巾着袋などにお使いの場合、撚糸(かがり糸)のみの販売もしています。
商品詳細情報

〈七宝網 -しっぽうあみ- 〉

茶壺や振出などにかける網のことです。
七宝網は仕覆と同様に一点一点、そのお道具の大きさや形に合わせて作るため、大切なお持ち物でもお預かりしなければ製作にかかることができません。
商品詳細情報

〈壺飾紐 -つぼかざりひも- 〉

毎年11月頃に行われる茶道の行事
「口切」以降、壺に飾られる「真・行・草」の飾紐です。一般的な茶壺の大きさに対して並の寸法がございます。
また、雛型もご用意しております。
壺飾紐 壺飾雛型
贖
  • 真田紐
  • 茶事紐
  • ひもの切売
  • 和装
  • 新・古美術、骨董関連
  • ストラップ
  • その他
  • お買い物かごを見る
  • マイアカウント
  • 支払い方法について
  • 配送方法・送料について
  • RSS
  • ATOM